カワサキ・プロ☆クリスマスパーティー

クリスマスが近づくと
アニメ 巨人の星「星飛雄馬の一人クリスマスパーティー」が
今でもネット上で検索されるそうですが…

私が知る
川崎のぼる先生宅のクリスマスパーティーを紹介します

私がカワサキ・プロに入ってから 一度だけ
川崎先生宅でクリスマス・パーティーが
開催されたことがありました

1972年 その時期は週刊少年ジャンプ
「荒野の少年イサム」の週刊誌1本連載だけで
一番楽な時期だったので 催せたのだと思います

そしてたまたま
少年ジャンプの担当編集者M氏が大変面白い方だったので
クリスマス・パーティーが
楽しく盛り上がったのだと思います

川崎先生には 当時小学生の娘(小2)さんと
息子(園児)さんの二人お子様がいらっしゃり
奥様の兄でいらっしゃる
マネージャーにも二人の娘さん(未就学児)がいらっしゃり

そして奥様のお友達の数人のお子様も
クリスマスイヴのこの日に 集まっていました


シャンデリアのある吹き抜けのリビングに
クリスマスソングが流れ パーティーが始まると
突然に玄関のチャイムがなり

「誰か来た?」 「もしかしたら…!?」
なぜかみんな玄関に集まると…
赤い衣装に白い髭のサンタクロースが
「メリークリスマス」

白い大きな袋を担いで入って来たのです
そして お子様達一人ひとりの名前を呼び 声を掛けながら
白い大きな袋からプレゼントを出して 渡してゆきました

私達アシスタント(5名)にも
労いの言葉を添えて プレゼントしてもらいました

私たち大人には
そのサンタさんが サンタクロースの貸衣裳を着た
少年ジャンプの担当編集者M氏だと
直ぐに気付きましたが

未就学児の子達は 本物のサンタクロースだと思い込み
目を真ん丸にして プレゼント(前もって親が購入した)を
受け取っていました

このサンタさんの発案と演出を考えたのが誰なのか
未だにわかりません

私は 上京してカワサキ・プロに入ったばかりで…
田舎ではクリスマスプレゼントなるモノを
一度ももらった事なかったので
東京と田舎の家庭行事の違い
……都会での文化のギャップを とても感じました



画像
- 1974年 -
川崎先生宅とカワサキ・プロ
(左端の低い建物がカワサキ・プロ)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック